服・ファッションに関する手話《Part2》【初心者におすすめの動画】音声と字幕でやさしく解説

服・ファッションに関する手話Part2

前回に引き続き【服・ファッションに関する手話Part2】を作りました。

この動画でご紹介する手話

①着物・和服 

②浴衣(ゆかた) 

③コート/オーバー 表現① 表現②

④セーター

⑤Tシャツ

⑥Gパン/ジーンズ

⑦ジャンパー

上記7種類ですが、表現が2つあるものや、手話単語の組み合わせで表現するものがございますので、全部で10種類の手話が覚えられます。

それぞれの手話単語の説明は、話しながら進めておりますので、音声ありです。字幕もつけております。手話単語の英語表記もあります。

この動画には、チャプター機能も使用し、YouTubeの説明欄の目次をクリックするだけで、見たいところへ飛ぶことができます。

効率よく学習できるようにと思ってつけております。調べ物や復習したいときにご利用ください。

服・ファッションに関する手話Part2

0:00 オープニング 今日の手話 目次

0:19 着物・和服 

0:37 浴衣(ゆかた)

0:58 コート/オーバー 表現① 表現②

1:34 セーター

1:56 Tシャツ

2:14 Gパン/ジーンズ

2:33 ジャンパー

2:50 復習

3:28 ラスト ~今日のポッポ~

◆手話・英語解説

①着物・和服

「着物」と「和服」は、現代では、ほぼ同じ意味で使われている言葉です。

ちなみに「呉服」も。

「洋服」ではない長着に帯をしめて着る日本の伝統的な衣服全般を指します。

この手話は、着物の胸元、襟の部分の重なりを表しています。

英語では

着物=kimono

日本独特のものですので、そのままです。

************

②浴衣(ゆかた) 

浴衣は、着物の一種です。

昔はお風呂上りに素肌に着る物でした。

今では、夏の遊び着、おしゃれ着として定着しています。

ですので、手話でも 「夏」の手話+「着物」の手話で表します。

英語では

浴衣=yukata

浴衣も日本独特のものですから、着物と同じで、そのままです。

************

③コート/オーバー 表現① 表現②

オーバーは「オーバーコート」の略。

オーバーもコート言葉としては同じような意味で使われています。

しかし、クリーニング屋さんで、オーバーとコートの料金がわけて設定されているお店があります。

この場合、オーバーは秋冬ものの一番外に着る上着を指します。

一般に、毛皮や毛織物系の上着は、だいたいがオーバー。

綿やポリエルテル、ナイロンなどの繊維で作られているものはコート。

オーバーのほうが分厚く重量で、コートのほうが軽量なイメージです。

一番外に着ているものという点では同じです。

英語では

オーバー=overcoat

コート=coat

************

④セーター

セーターのことを「ニット」ということがありますが、 「ニット」は、糸を編んでつくった素材や、それを使って作った製品全般を含む言葉です。

ですので、帽子や手袋も、カーディガンやベストも、編んで作っているものは「ニット」に含まれます。

セーターは、「ニット」素材を使って作られた上半身に着るもの。

セーターの手話は、「編む/編み物」の手話+「服/衣類」の手話で表します。

英語では

セーター=sweater

※イギリスでは分厚いセーター=sweater

薄いセーターは「jumper」(ジャンパー)と呼びます。

************

⑤Tシャツ

Tシャツとは、エリのないシャツのことです。

両方のそでを左右に広げるとアルファベットの「T」に見えるのでTシャツと名付けられました。

手話では、手で「T」の形を表してから「服」の手話をします。

英語では

Tシャツ=t-shirt

teeと短くして呼ぶこともあります。

************

⑥ジーパン/ジーンズ

ジーパンは和製英語。

和製英語とは、英語風に聞こえる日本語のことです。

ジーンズ=jeans 海外でも通じる英単語 ジーンズは、デニムなどの厚手素材の生地を使ったパンツのこと。

ジーパン=Gパン

ジーンズのことを指す和製英語(=日本語)

手話では「G」の文字を作ってから、「ズボンをはく様子」をして表します。

英語では

ジーパン=jeans

************

⑦ジャンパー

ジャンパーは、「パー」が正しく、「バー」ではない! …のですが、「ジャンバー」のほうが言いやすいし、よく聞きますよね。

フランス語では「blouson」ブルゾンと言います。

さきほど、セーターのところでも書きましたが、イギリスでは「jumper=セーター」です。

日本で、ジャンパーと言えば、丈の長くない上着で、防寒・防風・防水の目的で仕事着や作業着、また遊び着として使用される衣類のことです。

ジャンパーのおしゃれな感じのものが「ブルゾン」と呼ばれます。

手話では、ファスナーをしたから上にあげるしぐさを2回繰り返して表します。

英語では

ジャンパー=jacket

ジャンパーは和製英語(英語風な日本語)。

英語でjumperというと女性や女の子が着る袖のないドレスを指します。

また、「ジャンプする人」や「飛び降り自殺する人」もjumperと言います。

************

服やファッションに関する手話 まだまだ、たくさんありますので、 少しずつご紹介します。

次回は、【服・ファッションに関する手話Part3】です。

下着、パンツ、パンティ、ブラジャー、ストッキング、くつした、足袋、ハンカチ、タオル、エプロンなど

手話ブログおすすめ記事

手話どれが正しいのか迷う?【なぜ地域によって手話が違うのか?】手話の「方言」(ほうげん)

【手話・コツ】手話単語の覚え方

手話学習に役立つ】YouTubeで再生速度を変える方法 【ゆっくり再生に変えてじっくり学習できる便利ワザ!】

SNSでもご購読できます。

Views

コメントを残す

*