手話にも種類があるの?「日本手話」と「日本語対応手話」どう違う?学ぶならどっち?

日本手話/日本語対応手話ちがい

「日本手話」や「日本語対応手話」という言葉、手話を学び始めるとよく耳にする言葉です。

今回は、「何それ?」という人のために簡単に説明します。

そして、「どちらを学べばいいの?」「どちらを覚えればいいの?」という疑問にもお答えします。

~~~~~~~~~~

「日本手話」「日本語対応手話」とは?

日本手話

ろう者が使う手話のことです。

・日本語と語順や文法がちがう

・手話をするときの口の形は日本語ではない

・手や指の動きだけでなく、非手指表現(眉の上げ下げ、眉寄せ、目の見開きや細め、あごや舌の動き、口の形、首のふりや傾き、ほおをふくらませたり、すぼめるなども文法上、重要な要素となっている

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本語対応手話

「日本手話の手話単語」を日本語の語順でならべたもので、「手指日本語」とも呼ばれます。

語順なども日本語の並びなので、日本語を覚えてから聴覚に障がいを持った人や聾学校以外の学校に通った難聴者、聞こえるが発語や発音、発声に障がいのある人たちにとっては、親しみやすく覚えやすいです。

私ものどの病気になってから手話を学び始め、日常生活や仕事でも関わる人は聞こえる人ばかりですので基本的に日本語対応手話です。

たまに、ろう者の知り合いと話したりするので、その時は日本手話独特の表現を教えてもらったりしながら勉強しています。

~~~~~~~~~~

はじめに知っておかなければならないこと

日本語対応手話の本来の目的と役割

教育現場では

①日本語対応手話は、音声や文字と同じく、正確に日本語を伝える媒体としての役割をはたします。

②日本語対応手話で聴覚障害児に豊かな言語環境を与えれば、聴覚障害児の言語発達をうながします。

聴覚障害児の日本語習得のたすけとなります。手話で日本語を正確に表せるので、自然に目から入ってくる日本語の語彙をふやすことができます。

専門用語をカバーできます。特定の教科に使われる用語や専門的な用語など、従来の手話では対応しきれなかった単語や表現も可能。このため、手話で広い範囲の内容を伝えることができます。

一般の社会では

①聴覚障碍者への情報提供の量や質を豊かにするため、テレビなどの日本語によるマスメディアで使用。

②大学や研究の場など日本語による専門用語や特殊な用語、表現が要求される分野で使用。

①その他、日本語に依存する度合の大きい場面で使用。

★★★

これらの日本語対応手話が果たす役割は大きく、日本で生活するうえで日本語を正確に伝えること、知ることは大変重要です。

日本語対応手話は従来の手話と補いあいながら、聴覚障害者の社会参加の可能性を高め、種々の活動を行う機会をつくっていき、社会生活の向上に大きく寄与することが期待されます。

日本語対応手話テキスト (biglobe.ne.jp)http://www2s.biglobe.ne.jp/~kem/SEJ/text/index.htm

~~~~~

日本手話・日本語対応手話どちらが良い?悪い?はナンセンス

以上のことを考慮しましても、日本手話と日本語対応手話をどちらが良いとか、悪いとかいう比べ方はできません。

ときどき、「日本語対応手話は手話じゃない」とか、「話しながら手話をするなんて…」という意見も見受けられます。

しかし、どちらの手話もコミュニケーション手段のひとつです。

自分の目的や環境に合わせて選べば良いのです。

コミュニケーション手段なのに、まわりと通じず、コミュニケーションが取れなければ意味がありません。

コミュニケーションは、手話に限らず、他の外国語でも「お互いに分かり合おうという気持ち」があれば、カタコトでもなんとかなるし、楽しい時間を過ごせます。

絵やイラスト、写真をスマホで出してみたり、知っている単語を駆使したり、通じ合う方法はいくらでもあります。

手話を使う人の背景や環境、理由は、様々です。相手に合わせること、歩み寄ろうとすることが大切なのです。

以下の文章は全日本ろうあ連盟の「手話言語に関する見解」からの抜粋です。

大切なことは、「手話」が私たちろう者が自らの道を切り拓いてきた「生きる力」そのものであり、「命」であることです。

その手話を「日本手話」、「日本語対応手話」と分け、そのことにより聞こえない人や聞こえにくい人、手話通訳者を含めた聞こえる人を分け隔てることがあってはなりません。

手話を第一言語として生活しているろう者、手話を獲得・習得しようとしている聞こえない人や聞こえにくい人、手話を使う聞こえる人など、それぞれが使う手話は様々ですが、まず、それら全てが手話であり、音声言語である日本語と同じように一つの言語であることを共通理解としていきましょう。

全日本ろうあ連盟 » 手話言語に関する見解 (jfd.or.jp)

~~~~~~~~~~

「日本手話」「日本語対応手話」学ぶならどっち?

この答えは、手話を学ぶ「目的」によります。

もし、目的が「手話通訳士になりたい」であれば、両方できなければなりません。

それは、様々な手話を使う人と接するからです。

日本語対応手話を使う人と接するためなら、日本語対応手話ができなければなりません。

※日本語対応手話は、ただ単に手話を日本語順に並べるだけではなく、きちんとしたルールや表現方法があります。

手話に興味があって、なんとなく手話を学んでみたいという人もけっこういらっしゃいますよね。そういう場合は、とりあえず手話単語をたくさん覚えて知っている言葉の数を増やしていくと良いです。

そうしていくうちに短い文章が手話で表現できるようになってきます。

その時に「日本手話」と「日本語対応手話」の違いにぶつかります。

ここで、日本手話ができるようになりたいと思えば、意識して日本手話を見たり、学ぶ必要があります。

いきなり日本手話の文法についての本などを読んでも、いまいち理解できず心が萎えてしまうなんてこともありますから、とにかく自分の興味のあるネタで話している手話動画を見ると良いでしょう。

各都道府県が制作している手話動画や聴覚障害情報センターなどが配信している動画はおすすめです。

字幕や音声もついているのでわかりやすいです。

一度見た後、音声を消して見るとか、再生速度をゆっくりにして見るなど、繰り返し見られるのも魅力です。

日本語字幕と比べながら手話を見て、「なぜこの手話の並びがこの日本語になるの?」とか「この口の形、表情は何を示しているの?」など疑問がわいてきたら文法について書かれている本を見て確認すると理解しやすいです。

NHKみんなの手話のテキスト本は、ていねいに書かれていて、日本手話の非手指動作についても掲載していますので、おすすめです。

~~~~~~~~~~

おすすめ動画

私の大好きな「カサケンの手話チャンネル」がおすすめです。

短くて見やすくて、とても分かりやすい動画です。

毎回、すごく勉強になります。

日本手話と日本語対応手話を比べるシリーズがありますので、ぜひ見てみてください。

手話は、よく「表情」が大事といわれます。

それは「喜怒哀楽」のこともそうかもしれませんが、

それよりも、眉や目、口、あご、首、舌の動き、うなずきなどのことだと思います。

このあたりに注目して見てくださいね!

~~~~~~~~~~

手話単語を覚えるなら…

みのりん手話単語集! 

少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。

最近の動画には、手話の参考元も書くようにしました。

手話は、地域や年齢でちがうものが多いので、動画を見たときに「これ、どこの表現?」となるかもしれないと思い、書くことにしました。

動画を制作するほうとしましては、少し手間が増えるのですが、ここは皆様の安心感優先で行きましょう♪

YouTube毎日更新で手話単語どんどん増やしておりますので、あたたかく見守って下さると嬉しいです。

~~~~~~~~~~

手話ブログおすすめ記事

手話を始めたきっかけ(私が)

【のどの調子悪い人必読】喉の難病「咽頭乳頭腫」症状・治療・手術・アフターについて

【手話・学習方法】手話単語から覚えるという学習方法は良い?

SNSでもご購読できます。

Views

コメント

コメントを残す

*