作務衣は僧侶の作業服だった【手話から知る・雑学★豆知識】日本の歴史や文化

作務衣は僧侶の作業服だった【手話から知る・雑学★豆知識】日本の歴史や文化
作務衣は僧侶の作業服だった【手話から知る・雑学★豆知識】日本の歴史や文化

服・ファッションに関する手話の動画を作っていましたら、「作務衣」という手話が出てきました。

今では、いろんな素材で、おしゃれなデザインのものもありますし、ホームウェアやちょっとしたおしゃれ着、お出かけ着、または仕事着などに着ますよね。

しかし、手話の動きに「寺」を表す動きが入っています。

その理由についてお話します。

~~~~

作務衣とは

読み方は、「さむえ」または「さむい」とも言いますが、「さむえ」のほうが一般的ですね。

もともとは、禅宗の修行僧の作業着でした。

だから、手話では「寺」を表す動きが入るのですね。納得!

こういうのを知っていると手話が覚えやすくなります。

参考元:[豆知識]作務衣とは何か。甚平との違い | 宮田織物 (miyata-orimono.co.jp)

~~~~~

作務衣の手話

~~~~

なぜ甚平の手話と同じ動きが入るのでしょうか?

作務衣と甚平の違いは…?

・甚平=半そで、半ズボン

・作務衣=長袖、長ズボン

えりなどの仕立ては、同じです。

手話では、えりの重なりと体の横で結んでいるヒモで表すため、動作は同じでいいんですね!

~~~~

甚平の手話

これで、作務衣も甚平もいっしょに覚えることができ居ました♪

~~~~~~

おすすめ動画

~~~~~

手話ブログおすすめ記事

表現力がすごい!おすすめ手話動画 | 手話ブログ~手話歌パフォーマー馬場みのり~ (genki123.com)

【指文字が出てくる映画】感動!「奇跡の人」

無料で使える!【手話学習サイト】比較

~~~~~~

馬場みのり 著書

~~~~~~

おすすめ書籍

SNSでもご購読できます。

Views

コメント

コメントを残す

*